パイロットへの道のり

公務員パイロットになるためには、どこでヘリコプター免許を取得すればいいのでしょう。それほど多くはありませんが、いくつかの操縦士スクールがあります。どこのスクールに通うかは、インターネットで事前に調べておくことが必要でしょう。たとえば、空を飛ぶための操縦士スクールですから、過去に飛行訓練事故が起きていないかという事実は初めに調べておくことが重要です。無事故だと証明されていれば、安心して自分の身を任せることができるでしょう。

次に必要なものは、スクールとしての実績でしょう。何年間スクールを開校しているのか、どれだけの免許合格率があるのか、事業用操縦士免許を取得した後、どれだけの割合で就職できているのか、そのスクールの実績を確実に抑えておきましょう。

ヘリコプター免許にかかる授業料はかなりの高額です。高いお金を払っているのに免許取得合格率が極端に低い、あるいはパイロットとしての就職の実績がほとんど無いなど、スクールとしての資質が悪ければ、入学は見送るべきでしょう。

事業用操縦士免許には、最低でも1300万円の費用がかさむことから、最近では人気も下火ではないかと囁かれています。しかし、プロのパイロット操縦士になった暁には、平均年収が1000万円とも言われていますので、初期投資だとおもいヘリコプター免許取得に勤しんでみましょう。

参考・・・ヘリコプター 免許
└就職実績を掲載しているヘリ免許取得スクールのサイトです。


Comments have been closed/disabled for this content.