公務員パイロット

ヘリコプター操縦士になるにはとにかく実地訓練が必要となります。飛行時間は150時間以上など細かな指定がされていますので、しっかりと勉強をしなければいけませんね。プロのヘリコプター操縦士になることで、公務員としてのパイロットや民間企業での操縦士になれるチャンスがあります。民間企業では、遊覧飛行などをメインとした観光業界の操縦士になることが可能です。収入もかなり高額となる反面、免許取得にはそれなりに努力をしなければいけませんね。

現在、人手が足りないと言われているのが公務員パイロットです。救命救急センターなどに所属しているヘリコプターのパイロットは、人命救助のために大活躍するのはテレビドラマなどにもなっていますので、どのような仕事なのかも理解し易いとおもいます。また、地域によっては山火事などの災害があれば、ヘリコプターからの放水作業などでも大活躍してくれる頼もしい仕事です。

公務員のヘリコプター操縦士になることでもうひとつ喜ばしいのは、とにかく収入がすごく良いという点でしょう。ヘリコプター免許は、自動車免許のように誰もが取得できるものではありませんので、すごく価値もあり専門分野になるので、自信の持てる仕事だと言えます。


Comments have been closed/disabled for this content.