ヘリコプター免許とは

ヘリコプターを操縦するにはもちろん免許が必要です。アメリカなどでは、自家用操縦士免許であれば日本で取得するよりか費用も安いでしょう。英語だから難しいのではと悩むかもしれませんが、操縦するのに特別な英語は必要ありません。管制塔とのやり取りに使う決められた英語になりますので、ヘリコプター免許に思い切ってチャレンジしてみるのもいいでしょう。自家用ヘリコプターを操縦するのであれば、海外で取得した操縦免許がそのまま日本でも使用できます。しかし、仕事としてヘリコプターを操縦したいのであれば、自家用操縦士免許だけでは仕事に就くことができません。

プロのパイロットとしてヘリコプターを操縦するのであれば、事業用操縦士免許が必要となります。この免許を取得するためには、既に自家用操縦士免許を所持していることが絶対条件となります。日本国内では自家用操縦士免許の取得は高額の授業料がかかりますので、やはりアメリカなどで取得しておきましょう。

プロのヘリコプター操縦士への道のりはかなり厳しく大変でしょう。なぜならば国家試験だからです。取得するためには、満18歳以上で高等学校を卒業していることが最低条件となります。また、実地試験として飛行時間や距離も求められます。また、気象をはじめとした学科試験にも合格しなければいけません。それらの試験に合格して、はじめてプロとしてのヘリコプター操縦士になれるのです。大空を羽ばたけるようにしっかりと勉強しなければいけませんね。


Comments have been closed/disabled for this content.