公務員パイロットになるためには、どこでヘリコプター免許を取得すればいいのでしょう。それほど多くはありませんが、いくつかの操縦士スクールがあります。どこのスクールに通うかは、インターネットで事前に調べておくことが必要でしょう。たとえば、空を飛ぶための操縦士スクールですから、過去に飛行訓練事故が起きていないかという事実は初めに調べておくことが重要です。無事故だと証明されていれば、安心して自分の身を任せることができるでしょう。

次に必要なものは、スクールとしての実績でしょう。何年間スクールを開校しているのか、どれだけの免許合格率があるのか、事業用操縦士免許を取得した後、どれだけの割合で就職できているのか、そのスクールの実績を確実に抑えておきましょう。

ヘリコプター免許にかかる授業料はかなりの高額です。高いお金を払っているのに免許取得合格率が極端に低い、あるいはパイロットとしての就職の実績がほとんど無いなど、スクールとしての資質が悪ければ、入学は見送るべきでしょう。

事業用操縦士免許には、最低でも1300万円の費用がかさむことから、最近では人気も下火ではないかと囁かれています。しかし、プロのパイロット操縦士になった暁には、平均年収が1000万円とも言われていますので、初期投資だとおもいヘリコプター免許取得に勤しんでみましょう。

参考・・・ヘリコプター 免許
└就職実績を掲載しているヘリ免許取得スクールのサイトです。

ヘリコプター操縦士になるにはとにかく実地訓練が必要となります。飛行時間は150時間以上など細かな指定がされていますので、しっかりと勉強をしなければいけませんね。プロのヘリコプター操縦士になることで、公務員としてのパイロットや民間企業での操縦士になれるチャンスがあります。民間企業では、遊覧飛行などをメインとした観光業界の操縦士になることが可能です。収入もかなり高額となる反面、免許取得にはそれなりに努力をしなければいけませんね。

現在、人手が足りないと言われているのが公務員パイロットです。救命救急センターなどに所属しているヘリコプターのパイロットは、人命救助のために大活躍するのはテレビドラマなどにもなっていますので、どのような仕事なのかも理解し易いとおもいます。また、地域によっては山火事などの災害があれば、ヘリコプターからの放水作業などでも大活躍してくれる頼もしい仕事です。

公務員のヘリコプター操縦士になることでもうひとつ喜ばしいのは、とにかく収入がすごく良いという点でしょう。ヘリコプター免許は、自動車免許のように誰もが取得できるものではありませんので、すごく価値もあり専門分野になるので、自信の持てる仕事だと言えます。

ヘリコプターを操縦するにはもちろん免許が必要です。アメリカなどでは、自家用操縦士免許であれば日本で取得するよりか費用も安いでしょう。英語だから難しいのではと悩むかもしれませんが、操縦するのに特別な英語は必要ありません。管制塔とのやり取りに使う決められた英語になりますので、ヘリコプター免許に思い切ってチャレンジしてみるのもいいでしょう。自家用ヘリコプターを操縦するのであれば、海外で取得した操縦免許がそのまま日本でも使用できます。しかし、仕事としてヘリコプターを操縦したいのであれば、自家用操縦士免許だけでは仕事に就くことができません。

プロのパイロットとしてヘリコプターを操縦するのであれば、事業用操縦士免許が必要となります。この免許を取得するためには、既に自家用操縦士免許を所持していることが絶対条件となります。日本国内では自家用操縦士免許の取得は高額の授業料がかかりますので、やはりアメリカなどで取得しておきましょう。

プロのヘリコプター操縦士への道のりはかなり厳しく大変でしょう。なぜならば国家試験だからです。取得するためには、満18歳以上で高等学校を卒業していることが最低条件となります。また、実地試験として飛行時間や距離も求められます。また、気象をはじめとした学科試験にも合格しなければいけません。それらの試験に合格して、はじめてプロとしてのヘリコプター操縦士になれるのです。大空を羽ばたけるようにしっかりと勉強しなければいけませんね。